酵素ドリンクで弱った体が回復しました。

酵素には、食べたものを分解する消化酵素、代謝酵素、食物酵素があります。例えばデンプンを食べるとデンプンを分解するアミラーゼと言う酵素が働き、小腸 で体内に吸収されます。代謝酵素とは、栄養素を実際に呼吸や脳の働きとして動かす酵素です。食物酵素は、食材に含まれる酵素の事です。新鮮な食べ物や、発 酵食品に多く含まれていて、消化活動を助ける働きをしています。酵素が足りないとこれらの働きがうまくいかなくなってしまいます。酵素が健康に及ぼす影響 力は大きく、もちろん美容や、精神衛生にも関わってきます。酵素不足で肌荒れやイライラが生じることがあります。そこで、外から酵素を補う必要が生じるの です。 現代は自然の食物から十分な量の酵素を摂取することが難しくなってきています。サプリメントなどで上手に酵素を補う必要があるのです。
48歳の私が試した酵素ドリンクは、「優光泉酵素」という商品です。 完全無添加で本物の酵素です。スタンダードと梅味があり、甘すぎず飲みやすい味です。好きな美味しさでは他の酵素ドリンクの方が上かもしれませんが、無添 加ということで選びました。ホッとでもアイスでも好きな使い方ができますので便利です。飲みはじめてすぐ、体調が良くなり活力が出てきました。疲れやすい 私にとってはエナジードリンクのような飲み物でもあります。スタンダード味で朝の置換えにしましたが、お腹もあまりすきませんでした。本当は夜の方がダイ エット効果が高いので、今後は夜の置換えに使ってみようと思います。

酵素ドリンクはこうやって飲んだ!

酵素ドリンクを初めて飲んだときは「どえっ」となりました。理由は味が濃厚過ぎたからです。飲みづらさに必死で飲んだのですが、後で「薄めて飲む」という ことを知って、すごく納得しました。酵素ドリンクは原液で飲むと飲みづらいものが多いので他の飲み物で割って飲むようにした方がいいのです。
私は酵素ドリンクをダイエット目的で飲むときは水や炭酸水で割って飲みます。水が一番混じりっ気が無くて余計なものが入っていないので、痩せやすいと思い ます。それから炭酸水は満腹感を引きだしてくれるので、酵素ドリンクで置き換えダイエットをするときにいいのです。だからダイエット時はこの飲み方で飲む のがオススメです。
でも一番飲みやすいなぁと感じるのはやっぱりジュースで割って飲むことですね。果汁入りのジュースで割って飲むと比較的酵素ドリンクが美味しくなります。 だから飲みやすく毎日飲むことを重視したいならジュースと混ぜるのが一番いいのではないでしょうか。私はこのような飲み方をして酵素ドリンクを摂取してい ます。
酵素ドリンクはダイエットに使うのもいいし、便秘気味のお腹の調子を良くしたり、肌を少しでも綺麗にしたいときにも役立つのでオススメです。自分の好きな飲み方をして酵素ドリンクの効果を確かめてみてください。

混ぜるものでプラスした効果を得られる酵素ドリンク

ストレートで飲めるものもありますが、多くの酵素ドリンクは濃縮されていて摂取するときに薄めて飲みます。ですが毎日続けていくと水だけで割るのは飽きてしまいがちです。せっかくなのでいろいろなものと混ぜて飲んで、さらに身体にいい栄養素を一緒に取り入れましょう。
豆乳で割ってとろみを付ける方法で腹持ちがよくなり味もまろやかになります。豆乳に含まれている大豆イソフラボンは女性ホルモンのバランスを整える効果が ありますので、酵素で代謝をよくしてさらに大豆イソフラボンの栄養を効率よく巡らせることができます。肌荒れに悩んでいるかたは野菜ジュースや果物ジュー スと混ぜて飲むのがおすすめです。野菜ジュースでもとくにトマトジュースはコクが出やすく、リコピンの効果で血液がサラサラになる作用も期待できます。血 の巡りがよくなると老廃物も溜まりにくくなるので、ニキビや吹き出物も解消されやすくなります。ビタミンたっぷりの柑橘系ジュースはほとんどの酵素ドリン クのフレーバーがフルーツ系なことも合って相性がよく、ビタミンCをたっぷり摂取できて美肌効果やアンチエイジング効果が得られます。ただし、加糖されて いるものはカロリーに気をつけてください。
ただし、酵素は熱に弱いので温かいものに混ぜないように気をつけてください。リラックス効果のある紅茶などに混ぜてもいいフレーバーになりますが、その際は冷たいアイスティーでさっぱり飲むのがおすすめです。